FC2ブログ
11月22日、祖母が97歳で他界しました。

父方の両親も、母方の祖父も既に亡くなっているので

私にとっては最後の祖母。

滋賀の家を訪れた帰り際には、「また、来いよ~」と

しわしわの笑顔で見送ってくれて

次に会える日を本当に楽しみにしていました。

いまだに、私たちが来るのをまだかまだかと待っているようで

亡くなったという実感はありません。

今どきの若々しいおばあちゃんではなく、

腰が曲がり、化粧もせず、おじいちゃんみたいなおばあちゃんだけど、

若い人達と一緒に出かけ、同じ物を食べ、同じようにおしゃべりし

皆が寝静まった後に就寝し、皆が起きる頃には

畑仕事を終えて居間に座っている。

おばあちゃんの大きな手で作られたきゅうりの糠漬けは最高に美味しい。

編み物も我流でいろんなものを編んでもらった。

口癖は、「あーえら~」(あぁ、しんどい)

包み隠さず、いろんな感情や表情を自然に見せてくれた祖母。

祖母を生前から良く知る住職が、通夜の時に

長寿の秘訣をおばあちゃんに問うてみよ、と言いました。

祖母のお別れに200名弱の人が別れを惜しみに参列してくださった。

面倒見のよい明るいおばあさんだった、と涙を流してくれた。


どんな状況でも、いつも笑っていた祖母。

周りの人もつられて笑ってしまう。

だからあんなにも、顔がしわしわになったんだろうな。


偉大な偉大な祖母の孫でいられたことを幸せに思います。

ばあちゃん、本当にいままでありがとうね。


ふくろうちゃんでした!





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 芦屋情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ








Secret

TrackBackURL
→http://129happy.blog91.fc2.com/tb.php/443-b9396e3e