FC2ブログ


たまには、真面目なブログをしよーっと




今年になって、福島県二本松市において完成した3階建ての賃貸マンションの
1階室内で、毎時1マイクロシーベルト超の放射線量が計測された理由として
マンション建築工事の際、福島第一原発事故で出た放射性物質に汚染された
コンクリートを使ってたこと、しかもそのコンクリートの材料に計画的避難
区域内の砕石場から搬出された石(砕石)が使われていたことがテレビや新聞で
報じられた。

この問題がマスコミによって報道される際に、砕石を石材と表現するケースが
多いが、砕石自体に問題があるかどうかも特定されていない。
日本石材産業協会では、コンクリートに混ぜられる下水汚染、廃棄物(ガラ)、
砂利などが原因となることも十分に考えられる現状では、「石材」という表現は
石材全般に対する風評被害につながるものとして不適切であり、骨材、砕石、
建築資材といった表現に改めるように経済産業省に求めるとともに、マスコミに
対しても同様の意見を伝えていきたいとしている。



そして、応用理学部門の技術士 服部仁氏 によると仮に放射能物質が付いていようが

洗い流せば、問題ない!

という見解です。
さらに、墓石などに加工する場合は石の内側を使用するのでほとんど影響はないのです!


石材を扱ってるので石屋さんは妙な風評にまどわされず、石自体が持っている天然放射線
の存在をしっかりと認識するとともに、人口放射線であっても水で洗い流せは問題ないこと、
などをお客様にしっかり説明していく必要性があります!


そして、福島県の丁場は みちのく銘石 として多く知られており

石目も綺麗で、関西の方に人気の 紀山石 もあるところです


紀山石


妙な風評被害に惑わされずに

がんばろう 福島!! がんばろう 日本!!


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 芦屋情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ







Secret

TrackBackURL
→http://129happy.blog91.fc2.com/tb.php/258-e26ae665