FC2ブログ
「お墓を建てると税金対策になるの?」
たまに、お話しの中で出てくるフレーズです‼
今回は,お墓を建てるときにかかる税金について、ちょっとご紹介してみようと思います。
税金イラスト
墓石の購入をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

〇お墓の建立時にかかる税金とは?
お墓にかかる費用については、資金計画のためにも把握したい事項の一つです‼
先に結論ですが… … 支払う税金は消費税のみです。

その中でも3つの費用についてご紹介します。

1つ目は墓石代です。
必要な部材としては、石碑や外柵、霊標などの部材が挙げられるでしょう。
このような墓石自体に消費税がかかります。

2つ目は工事代です。
加工や彫刻、墓地での工事が必要ですよね。
このような工事費すべてに消費税がかかります。

通常、墓石代と工事費は1つの見積書として出されることが一般的です。


3つ目は年間管理費です。
これはお墓の建立後にかかる費用です。
霊園の管理者に支払う費用で、霊園の維持や管理のために使われます。


消費税がかかる費用として、以上のものが挙げられます。
一方で、墓地代には消費税固定資産税などはかかりません。
墓地を所有するのはご自身ではなく管理者であるからです。
墓地は所有するのではなく借りるものであり
永代に渡って管理使用料を収めることで祭祀維持していくと考えられます。

〇お墓の相続税について
みなさんの中には、お墓を相続するという方もいらっしゃるでしょう。
そのような場合、相続税はかかるのでしょうか。
お墓の相続には相続税はかかりません。
お墓は祭祀財産であり、非課税財産に該当するからです。

お墓を購入せず現金で相続する場合は相続税がかかります。
このような点のみ考慮すると、生前にお墓を購入しておくと相続税対策にもなると言えます。

墓石の購入を検討している場合は、残される家族への負担を減らすためにも
お墓の生前購入を検討してみるのも良いですね。



宣伝


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 芦屋情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








Secret